戸建てを買うなら住宅ローン

中古の戸建てを購入する

中古の戸建てを購入する 中古の戸建てを購入することでられるメリットとして、一番に挙げられることは価格が安いという点でしょう。
古い住宅は良い場所に立っているケースも多く、低価格であるために、同じ予算であれば広い家に住めるというメリットがあります。
全く同じ予算だった場合には、新築と比べた場合には敷地面積も広く、大きな庭が付いていたり便利な立地である可能性も高くなります。
そして家庭によってはこの学区の地域に住みたいと考える人も多いことでしょう。
このような場合には地域限定で戸建てを探すことになります。
なかなかいい物件がないという場合であっても、中古の戸建てであれば売りに出されていることがあります。
資金に余裕があるのであれば、更地にして新築にする人も見られますが、リフォームなどを検討する人も多く見られます。
このようなものを選ぶ場合には、耐震性能がしっかりとなされているのか、リフォームが必要になる設備はあるのかなど、事前に様々な注意点を把握しておくことが求められます。

中古戸建て住宅のデメリットは築年数で変わる

中古戸建て住宅のデメリットは築年数で変わる 昨今は空き家問題が顕著になっており、その影響を受けて不動産販売広告では中古戸建て住宅の掲載が増えています。
新築で購入するよりも割安であり、人気の住宅地で販売されると注目度も増しますが中古戸建てにはデメリットが付き物にもなります。
販売される場合あらかじめ浴室やトイレなどは入れ替えて、大幅な内装リノベーションがなされているのがほとんどです。
しかし内装が新しくなっても建て替えているわけではないので、基礎・柱・屋根・外壁など戸建て住宅においてもっとも大切な部分は築年数に見合っただけの劣化をしていることになります。
築50年の住宅と築20年の住宅の2つが同じ価格で販売されていた場合、明らかに築50年の住宅の方が劣化度合は大きく購入後に手直しを強いられる可能性が高くなり余計な費用が必要になるといえます。
古い戸建てを購入される際は、築年数が経過しているものほど建物全体の老朽化があるというデメリットを把握しておく必要があります。