戸建てを買うなら住宅ローン

戸建て購入にかかる初期費用

戸建て購入にかかる初期費用 戸建てを購入しようとする時に必要なのは頭金だけではありません。
買う物件にもよりますが、一般的に販売価格の6~8%の初期費用がかかります。
具体的には、以下の通りです。
(1)印紙税/購入する際に必要なお金(2)保証料、融資手数料、団信保険料/ローンを組む時のお金(3)登録免許税、司法書士への手数料/登記に必要なお金(4)火災保険料(5)不動産取得税/物件を買った時にかかる税金(6)仲介手数料、固定資産税などの精算費用/物件別に必要なお金 一口に戸建ての初期費用と言ってもこれだけの種類があり、ひとつひとつが積み重なって最終的には結構な金額になるものです。
しかし、(2)のローン契約時に支払う保証料は銀行によってはいらない場合があったり、ローンの組み方を工夫することで少しでも安くなるよう心がけることができます。
(6)の仲介手数料は物件を売主から直接買えば必要なくなります。
大きな金額部分に目が行きがちですが、最初に必要なお金を少しでも抑えることによって賢く家を買えるのです。

戸建てを購入する前にお金の準備をしておく

戸建てを購入する前にお金の準備をしておく 夢のマイホームを手に入れるためには、計画性がとても重要になります。
いずれは購入したいという軽い気持ちしかない場合には、いつまでたっても手に入れることが出来ませんが、計画性を持つ事によって、夢を現実のものにしていくことが出来るはずです。
家族で一緒に暮らす戸建てを手に入れたいという夢があるのであれば、ある程度の資金集めが必要になります。
頭金にする為のお金も必要になりますし、購入後の支払いの事も考えておかなくてはなりません。
頭金に貯金のすべてを入れ過ぎてしまうと、いざお金が必要になった時に困る事になります。
戸建てを手に入れたら、税金なども発生するようになりますし、壊れたり劣化した部分が出てくると、修理費用も必要になる事も考えておきましょう。
あらゆる事を想定してお金を用意するようにしておかなければ、途中で破たんしてしまうことになってもいけませんので、余裕を持った資金作りをするようにしておく事が大事です。