戸建てを買うなら住宅ローン

戸建て二世帯住宅のメリット

戸建て二世帯住宅のメリット 最近は核家族化が進む関係からも、両親と子はそれぞれ別の家に住むケースが多くなっています。
これは1つの戸建て住宅に住むことでそれぞれのライフスタイルに違いがあり、住みにくくなることやプライバシーなどの問題があるからではないでしょうか。
従来の日本の家屋は祖父母と父母、そして子供たちが一つ屋根の下で暮らすのが一般的でしたが、家族の分散化でもある核家族化は深刻な問題を招くケースも少なくありません。
戸建ての中には二世帯住宅と呼ぶものがあります。家族全員が集まるリビングルームが1つ、玄関は2つに分かれていて、他の部屋は完全に分離が行われているなどの特徴を持ちます。
但し、玄関が1つで、それぞれの生活空間が内部で分かれているタイプもあります。
ちなみに、二世帯住宅は完全同居型・部分共用型・完全分離型の3タイプに分けることができます。
尚、メリットの中にはガス・水道・電気などの基本料金を一つにまとめることができる、共働きの子世帯は祖父母や両親などに子供を見て貰えるなどのメリットがあります。

家族で暮らす戸建てを購入するときに注意すべきこと

家族で暮らす戸建てを購入するときに注意すべきこと 戸建てに家族で住むことを考えているなら、購入にあたり気にすべきことは多くあります。
ポイントになるのは、それぞれの状況は変化していくということです。
たとえば、子どもは数年で通学先が変わっていきます。小学生だからといって小学校に近いところを選ぶと、中学校や高校に進学したときに苦労するかもしれません。
妻の習い事の教室や夫の勤務先なども変わっていく可能性があるため、現状を基準にして考えすぎるのは良くありません。一人ひとりの将来まで見据えてシミュレーションしてみることが大切です。
もちろん戸建ての中に関しても同様のことがいえます。家族が増えることにより、購入当初に必要だと考えていた部屋数では足りなくなることは珍しくありません。やむをえず居室でない部屋を使い始めると、生活しにくくなる恐れがあります。
寝室の近くの部屋を居室にすると、物音がうるさくて眠りづらくなるといった具合です。体の成長や衰えによって動線が変化することも忘れてはいけません。